働き方いろいろ
履歴書の書き方
面接のポイント(CRC編)
職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

さて、転職の際に、履歴書と一緒に「職務経歴書」を持ってきてください。
などと書かれていることが、良く見られます。
学生のときは、言われなかったし、初めての転職でよくわからないという人の為に、
今回は、「職務経歴書」について、説明を致します。


書式から、、、、

文具屋さんでも売っていて、当然、手書きのものでも、問題はありませんが、
最近は、パソコンでプリントアウトしたものが、多いように感じます。
その為、書式は、まったく自由と言うのが、ほんとのところです。
ちなみに、用紙サイズは、A4用紙を縦にして、横書きが多いように思います。


どんなことを書くの、、、、、

今までに経験した職歴を記入します。
出来る限り、経験した職歴を細かく、担当業務などをまとめて記入します。
(履歴書には、学歴、職歴を記入してありますので、職歴は重複することになります)
この時、アルバイトの時は、派遣社員の時は、契約社員の時は、どうなるのか。
正社員以外の場合を気にされる方がいます。
ルールはありませんので、どちらでもOKなのです。
しかし、ひとつアドバイスします。
職歴が少ない方は、記入しましょう。職歴の多い方は、削除しましょう。
(ただし、求職の期間が長い場合は、記入した方がいいかもしれません)
これで、いいと思います。


記入量は、どのくらい、、、、、

当然、これも決まりはありません。何枚でも、OKです。
しかし、ここでアドバイス。
採用する側の気持ちを考えて、記入量を考えてみてください。
ちなみに、筆者は数多くの採用をしましたが、A4用紙で2枚ぐらいがベストと思います。
1枚の方の場合は、こんだけしか職歴がないのか、と感じます。
4枚以上の方の場合は、多すぎて読めない。文章をまとめる能力がないのか、と感じます。
それでも、4枚以上になってしまう場合には、要約したものを2枚程度にして、
補足説明は、口頭、または、当日追加の経歴書を説明しながらお渡しする。
このぐらいのほうが良いと思います。
特に人気の大企業などは、多すぎるのはマイナス要因になってしまいます。
中小企業でしたら、多少おおくても、良いかもしれません。
どうしてもいっぱい書きたい方に、アドバイスします。
記入するより、口頭説明する練習をして、面接官が興味を持つ経歴説明を行った方いいと思います。
やはりなんと言っても、量より質ですから。


書き方

これも基本的には、自由です。
しかし、入社企業(病院)ごとにまとめて、記入するのが見やすいと感じています。
なぜなら企業(病院)内で、移動や転属などの場合も、わかり易いからです。
また、可能であれば、出来る限り数字を入れて、書くのが良いと思います。
例えば、担当患者さんの人数、処理した処方箋の枚数、チーム人数、担当業務回数、などです。
数値が入った経歴書は、非常にわかりやすく、イメージしやすくなります。
また、多忙な業務だった方は、より理解して頂きやすくなります。
(「仕事が速いんですね」などと、好印象になるかも!?)


職歴が少ないかた、、、、

その場合は、当然1枚でも問題ありません。
しかし、「職務経歴書」が数行ということに、ならないようにしましょう。
少なくても、所属部署、担当業務、担当ごとの業務期間。などは、記入しましょう。
さらには、担当業務の具体的な内容を記入しても良いかと思います。
また、それでも職務経歴が少ない方は、施設の規模や、看護師数、担当人数、病床数、など、
企業(施設)情報を追加しても良いかもしれません。


最後に

最後に、職務経歴書は、相手に見やすく、読みたくなる経歴書が最適です。
人気の企業は、1日に50枚の履歴書を見る人もいますので、
相手の担当者の気持ちを考えて、自己満足の職務経歴書にならないように注意してください。